インフラ整備は重要です|やりたいことは何度でもトライ|ネイリスト求人で探そう

やりたいことは何度でもトライ|ネイリスト求人で探そう

メンズ

インフラ整備は重要です

作業員

人材不足です

少し前より建設業界も景気の回復は見られますが、まだまだ良い景気とは言えない状態です。また、東北大震災や熊本地震などにより多くの家屋が倒壊し、復興のための建設作業が多くなっているのは事実です。ただの作業員でさえ求人を出しても不足しているくらいなので、現場監督を出来る能力のある人となると各社とも非常に欲しい人材と言えるでしょう。また、社員の高齢化が進んいる上に、若い社員の建設離れが進んでいるので、優秀な若手は求人を出してもなかなか集まりにくい状況です。IT業界やソフト事業を主力した会社に若い人が流れているのでしょう。もし建設業界を目指す人は、学生のうちからしっかりと勉強し、現場監督に必要な施工管理技士の資格を視野に入れることが大切です。

知識だけではないです

建設現場で現場監督を行うためには、土木施工管理技士の資格が必要です。建設業の求人などを見ると、この資格を有しているかどうかが採用の大きな決め手になる場合が多いです。特に大きな現場で監理技術者として現場監督をするには、1級土木施工管理技士は欠かせないので、まずはこの資格を取ることです。ただ、この資格は学科だけでなく実地もあるので勉強だけしていても受からないでしょう。また、現場の経験自体も必要となるので、現場で実地試験のために必要な技術を養ってから試験に臨むと良いです。この資格があれば、万が一会社が倒産したり、別な事情で会社を辞めることになっても、他の建設会社の求人に応募すれば受かる確率は高いです。